English | 日本
C++ PDF
Shopping CartContact Us PDF C#
Knowledgebase
BCL easy PDF SDK

easyPDFオブジェクトを使用する。

最終更新日: 2014年4月16日

easyPDFオブジェクトを使用する。

BCLの全COMオブジェクトは様々なプログラミング環境からアクセスすることが可能です。この セクションでは、COMオブジェクトの基本とオブジェクトへのアクセス方法を紹介します。COMオ ブジェクトの仕様について既にご存知でしたら、直ちにプログラミング作業を開始するためにサ ンプル・コードのセクションへスキップしてください。

Visual C#とVisual Basic .NET でのCOMオブジェクト

こちらの例では、Visual C#とVisual Basic .NETからCOMオブジェクトへのアクセス方法を解説し ています。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。Project→Add Referencesをクリックし、easyPDF SDK COMオ ブジェクト(1つまたは複数)を選択してください。:

    screenshot
  2. オブジェクトを作成、使用します。

    Visual C# コード:

    using BCL.easyPDF7.Interop.easyPDFPrinter;

    // ...

    Printer oPrinter = null;
    PrintJob oPrintJob = null;

    try
    {
    Type type = Type.GetTypeFromProgID("easyPDF.Printer.7");
    oPrinter = (Printer)Activator.CreateInstance(type);

    oPrintJob = oPrinter.PrintJob;
    oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName);
    }
    catch(System.Runtime.InteropServices.COMException err)
    {
    // ...
    }


  3. Visual Basic .NET コード:

    Imports BCL.easyPDF7.Interop.easyPDFPrinter

    ' ...

    Dim oPrinter As Printer = Nothing
    Dim oPrintJob As PrintJob = Nothing

    Try
    oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

    oPrintJob = oPrinter.PrintJob
    oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName)
    Catch ex As System.Runtime.InteropServices.COMException
    ' ...
    End Try


Visual BasicでのCOMオブジェクト

こちらの例では、Visual BasicからCOMオブジェクトへのアクセス方法を解説しています。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。Project→Add Referencesをクリックし、easyPDF SDK COMオ ブジェクト(1つまたは複数)を選択してください。:

    screenshot
  2. VBコードでオブジェクトを作成、使用します。

    Sub Convert(inFileName As String, outFileName As String)

    Dim oPrinter As easyPDFPrinter.Printer
    Dim oPrintJob as easyPDFPrinter.PrintJob

    On Error GoTo Convert_Error

    Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

    Set oPrinjob = oPrinter.PrintJob
    Call oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName)

    Exit Sub

    Convert_Error:

    ' ...

    End Sub

Visual C++でのCOMオブジェクト

こちらの例では、Visual C++からCOMオブジェクトへのアクセス方法を解説しています。

  1. 新しいVisual C++プロジェクトを作成します。
  2. BCL COMオブジェクトをインポートします。:

    #import "C:\Program Files\Common Files\BCL Technologies\easyPDF 7\bepprint.dll"
  3. 現在のアパートメントで使用するために、COMライブラリを初期化します。:

    HRESULT hr = CoInitialize(NULL);
    if(FAILED(hr))
    {
    // failed.
    // ...
    }

  4. オブジェクトを作成、使用します。:

    easyPDFPrinter::IPrinterPtr pPrinter = NULL;
    easyPDFPrinter::IPrintJobPtr pPrintJob = NULL;

    try
    {
    pPrinter.CreateInstance(_T("easyPDF.Printer.7"));

    pPrintJob = pPrinter->GetPrintJob();
    pPrintJob->PrintOut(lpInFileName, lpOutFileName);
    }
    catch(_com_error &e)
    {
    // ...
    }

  5. 現在のアパートメント上のCOMライブラリを閉じます。:

    // IMPORTANT:
    // Make sure to free all COM objects before calling
    // CoUninitialize(), or you'll get an exception.

    pPrinter = NULL;
    pPrintJob = NULL;

    CoUninitialize();

Windowsスクリプティング・ホストでのCOMオブジェクト

こちらの例では、Windowsスクリプティング・ホストからCOMオブジェクトへのアクセス方法を解 説しています。

  1. 新しいWindowsスクリプティング・ホスト・ファイル(拡張子".wsf")を作成します。
  2. オブジェクトを作成、使用します。

    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes" ?>

    <package>
    <job id="demo">
    <?job error="true" debug="true" ?>

    <object id="PrinterSDK" progid="easyPDF.Printer.7" reference="true" />

    <script language="VBScript">
    <![CDATA[

    Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

    Set oPrinjob = oPrinter.PrintJob
    Call oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName)

    ]]>
    </script>

    </job>
    </package>

 

PDF SDK Knowledgebase
 
BCL
© 1993 - , BCL Technologies.
弊社以外の全ての商標は、各所有者に帰属します。