English | 日本語
BCL Technologies Shopping Cart Contact Us
BCL easyPDF SDK

C#でPDFを作成する

利点

  • 高速で印刷可能なドキュメントをPDFへ変換
  • Windows 2003/2008/Vista/XPの64-ビット バージョンをサポート
  • 電子ドキュメントの長期保管のためのPDF/A の標準サポート
  • 印刷/広告業界における印刷用PDFファイルの交換のためのPDF/X の標準サポート
  • XPS サポート (PDF変換のためのXPSをサポート。必要条件: .NET Framework 3.0 またはそれ以上のバージョン)。
  • 自動そしてCSS-駆動のページネーション (より賢い改ページ、開発者は、改ページをしたいか否かを手動でコントロールも可能です)。
  • HTMLやOfficeドキュメント(Word, Excel, PowerPoint, Visio)をPDFへ変換している途中に発生しうるいかなる例外やエラーメッセージも自動でハンドル
  • フォント埋め込み&サブセッティング、画像圧縮、メタデータ、PDFセキュリティ(例 プリント許可を設定、編集)、電子署名&スタンプ、電子透かし、 PDFビューア設定のような多くのPDF機能をサポート
  • 画像解像度&スケーリング、用紙の方向&サイズ、プリンタカラーのようなプリンタ設定をコントロール

コードの抜粋

...
Type type = Type.GetTypeFromProgID("easyPDF.Loader.7");
Loader oLoader = (Loader)Activator.CreateInstance(type);

Printer oPrinter = (Printer)oLoader.LoadObject("easyPDF.Printer.7");

PrintJob oPrintJob = oPrinter.PrintJob;
oPrintJob.PrintOut(Server.MapPath(@".\input.doc"), Server.MapPath(@".\output.pdf"));
...
                  

あなたのサーバを準備する

ビデオを見る
  • ステップ 1: ローダーセットアップ
    ローダーオブジェクトは、サーバ-サイド環境において、easyPDF SDKを有効にするための支援オブジェクトです。ローダーオブジェクトは、別の方法で対処しなくてはならないような、サーバ-サイド コンフィギュレーションの多くを取り除きます。
  • ステップ 2: Microsoft Officeセットアップ
    こちらの例では、どのようにしてMicrosoft Wordをサーバ使用のために準備するかを紹介しています。ここで必要なことは、PDF変換中に、Office製品からポップアップダイアログが確実に出 ないようにしておくことです。
  • ステップ 3: COM セキュリティセットアップ
    easyPDF SDKオブジェクトを作成することが、サーバ-サイド環境で適切に動作をします。

 

 

 

無 料トライアルをダウンロード

価格のお問合せ

クイックスタートビデオ
ASPまたはASP.NETウェブサーバ環境内での easyPDF SDKの使用方法につきまして は、クイックスタートビデオをご覧ください。

PDFの機能
ドキュメント
弊社ASP.NETカスタマーからの体験談
  • easyPDF SDKのセットアップは、私たちがその他の製品で経験してきたこととは違い、とても簡単です。私たちは、それを使い始める ためにほんの数行のコードをただ 書くだけでした。 ケー ススタディを読む
  • 私たちは、多くのPDFツールとドライバを評価しました。さらに自分自身でプログラミングしようとさえしました。BCL社の easyPDF SDKを除く、すべてのものには、私たちが我慢できないような条件がありました。そのうちのいくつかは、MS Officeからのみ変換しましたが、品質があまりよくありませんでした。その他のものは、注釈やテキストスタンプをPDFドキュメ ント上に載せることが できませんでした。簡単に使え、簡単に統合できる製品は1つもありませんでした。 ケーススタディを読む
-
 
BCL
© 1993 - , BCL Technologies.
弊社以外の全ての商標は、各所有者に帰属します。