English | 日本語
BCL Technologies Shopping Cart Contact Us
BCL easyPDF SDK - PDF Programming Toolkit

サクセスストーリー

Northrop Grumman

Northrop logo

  • お客様名: Northrop Grumman
  • 顧客のアプリケーション: PDF 変換と多言語Word ファイルの統合の自動化
  • 開発担当者: Bernard Fazzini
  • 使用したBCL 製品: BCL easyPDF SDK
  • 開発環境: easyPDF SDKを使用したC#.NETで PDF 作成

企業とアプリケーションの概略

Northrop Grumman コーポレーションはシステム インテグレーション、ディフェンスエレクトロニクス、インフォメーションテクノロジー、高度航空機、造船および宇宙技術を取り扱うグローバル ディフェンス企業です。こちらの企業では125,000人以上の従業員をかかえ、25カ国で事業を展開しています。Northrop は、Wordで作ったドキュメントの印刷イメージをそのままの状態でPDFへ変換・統合する必要のある複数言語のWordファイルを持っており、必要な変換と統合を実施するのに、高度なセキュリティのITオペレーティング条件の下で、複数のサイトからアクセスしなくてはなりませんでした。

 

挑戦内容 (ビジネスとテクノロジー)

Northrop Grumman はWord 形式で外国語のドキュメントファイルと英訳したドキュメントファイルを持っています。 Northropでは各外国語ページとその英訳ページを表示する統合されたPDFファイルを必要としていました。またこれらのPDFファイルには下記のような条件も必要とされていました。:

  • PDFファイルに埋め込まれている必要なフォント(外国語と英語)全てを網羅していること。
  • 仕上がりがオリジナルの文書と全く同じであること。
  • 数百人のユーザーが複数の場所からアクセス可能であること。
  • 人の介在なく、サーバーを稼動できること。
  • セキュリティ目的のために、人がアプリケーションへログインすることなく稼動できること。PDFアプリケーションでは、セキュリティ要求が許可しないアプリケーションへいつもログインをする人を要求するというよりむしろ、サービスとしてアプリケーションをコールする必要がありました。
  • その他の高セキュリティ要求を遵守すること。

PDFツール選択

開発担当者、Bernard Fazzini のコメント:

“私達はAdobe、Activepdf、JawsPDF、そしてその他のPDFツールを検討・評価しました。そして、2ヶ月間かけてリサーチし、グーグルであらゆるサイトを検索し、全てのPDF変換ツールも評価しました。BCLのeasyPDF SDKだけが我々の必要とする全ての条件を満たしてくれました。今では我が社の11のサイトにデプロイしています。”

Northrop Grumman がBCL easyPDF SDK を選んだ理由:

  • 機能性

“BCLのeasypdf は人間の介在やアプリケーションへのログインを要求せずにそれ自身で稼動できる唯一のツールでした。”

“easyPDF はフォントを埋め込んだオリジナルファイルの表示そのままにPDFを作成してくれました。”

“easyPDF は望んだページ番号を全く変えることなくドキュメントを統合してくれました。”

  • 使用、コーディングそして開発の容易さ

“easyPDF は私達が見つけた中で、コード化するのに最も簡単な製品でした。”

“easyPDF はプログラムをするのにとても簡単です。私達はとても気に入っています。”

戻るページの先頭へ

PROMT

Taxworks logo

企業概要とアプリケーション

PROMT社は、ロシアに開発拠点を置く、企業レベルのクライアントや個々のユーザーのためのマシン翻訳ソリューションのリーディングデベロッパーです。

“PDFは、現在ビジネス環境において使用され、最も広範囲に浸透しているドキュメントフォーマットの一つです。”とPRONTのインターナショナルセールス部、部長のAlexey Lyapunov氏は説明します。

私たちがいつも自社製品の品質を向上させることや、顧客への忠誠度を高めることを目指しているように、PDFドキュメントの翻訳クオリティを向上させることに特別な注意を払うことを決めました。

私たちはBCLテクノロジー社とコラボすることになってとても幸せです。現在のように弊社では顧客にビジネスドキュメンテーションのより迅速で、さらに高品質な翻訳を提供することが可能になっています。”

挑戦

PDFは、今日の職場内で使用されている最も広範囲に浸透したフォーマットの一つです。PROMT社の分析によると、70%以上のPROMTユーザーがPDFドキュメントを翻訳しています。

コマーシャルオファー、マーケティングや広報材料、専門分野上の科学的な記事やプレゼンテーションでさえ、多くのビジネスドキュメントがしばしばPDFフォーマットのみで利用可能な場合があることは、驚くことではありません。

PDFは主に編集するために使用されるフォーマットではなく、高品質な表示やドキュメント印刷のために使用されるフォーマットです。

マシン描写において、完全に見えるテキストを、画像や表をラップするのに複数行に分割させたり、ドキュメントの異なる区域にアレンジしたり、またはセンテンスやパラグラフによって複数のパーツに分割したり、などが可能になります。

したがって、高品質翻訳のために必要なすべてのテキスト断片の抽出は、とても挑戦的な問題です。 しかし、タスクはただのテキスト抽出に限られていません。

テキストの抽出と翻訳に加えて、翻訳されたドキュメントの初期のテキスト構造とフォーマッティングを維持することが不可欠です。

翻訳されたドキュメント中のフォーマッティングがオリジナルのドキュメントから異なっている場合、これが問題になります。; 従業員が原本のフォーマットに再構築するために余分な時間を費やさなければならず、その分時間とお金がかかります。

テクノロジーのソリューション

上記の問題を改正するために、PROMT社はPDFファイルの高品質変換のためのソリューションを供給する会社を探しました。

多くのテストを実行した後、PROMT社はBCLテクノロジーズを選択しました。BCLテクノロジーズは、長い間グラフィックドキュメントの分野において専門業務の供給元として業界でよく知られています。

フォーマットされたドキュメントに使用されるPROMT社の翻訳技術とBCLテクノロジーズのソリューションの統合についての調査では、PDFドキュメントの翻訳の重要な改善を考慮に入れました。

それ故に、PROMT企業向けソリューションのユーザーはドキュメントを翻訳することができるだけでなく、より効果的かつ効率的に翻訳結果を使用することも可能になりました。

 

TaxWorks

Taxworks logo

  • お客様名: TaxWorks
  • 顧客のアプリケーション: ARKWORKS ドキュメントストレージ&マネージメントシステム (http://www.ark-works.com)
  • 開発担当者: Shaun Hess, Software Architect
  • 使用したBCL 製品: BCL easyPDF SDK
  • 開発環境: easyPDF SDKを用いたVisual Basic.NET (VB.NET) PDF 作成

企業とアプリケーションの概略

TaxWorks は1972年から出版、協会そして顧客からNo.1の評価を受け、30年以上に渡るプロフェッショナル タックス ソフトウェア業界のリーダです。TaxWorksでは現在、新しいドキュメントマネージメントと公文書システム、ArkWorks、をマーケティングしています。2006年の上四半期現在、PDF作成と操作エンジンとして BCL テクノロジーズ easyPDF SDK を使用した6000 Betaバージョンを出しています。

挑戦内容 (ビジネスとテクノロジー)

ArkWorks は様々なアプリケーション間でドキュメントを保存、共有するための共通ドキュメントフォーマットとしてPDFを選択しました。ArkWorksでは下記の能力を必要としていました。:

  • 印刷可能なドキュメントタイプをPDFフォーマットへ変換する。
  • MS Office ドキュメントをPDFやネイティブフォーマットのカタログへ挿入する。
  • 紙のドキュメントをスキャンし、カタログにする。
  • テキストノートや注釈をPDFドキュメントに追加する。
  • ドキュメントをEメールで送る。

PDF ツール選択

開発担当者、Shaun Hessのコメント:

“私達はBlackice、Cutepdf、Activepdfなどを含む多くのPDFツールとドライバを評価しました。また、我々自身でプログラムさえしてみました。BCLのeasyPDF SDKを除く全ての物には我々が見過ごせない制限があり、いくつかのものはMS Officeからしか変換できず、その変換結果もあまりよくないものでした。また、そのほかのツールは注釈やテキスト貼り付けがPDFドキュメント上にできませんでした。簡単に使えて、簡単にシステム内に統合できるようなツールは全くありませんでした。”

“多くの理由のために我々のソリューションとして、私達はeasyPDF SDKを選択しました。”

TaxWorks がBCL easyPDF SDK を選んだ理由:

 

  • 機能性

“ドキュメントをプリントしたいとき、easyPDF SDKを使えば簡単に変換が可能です。いかなるアプリケーションからもPDFへプリント可能です。”

“他社のSDKでできなかったPDFドキュメントのテキスト貼り付けと注釈が可能です。”

“PDF変換の出来栄えが素晴らしい!”

  • 使用、コーディングそして開発の容易さ

“easyPDF SDKを我々のアプリケーションへ統合するのに、とても少ない10~15行のコーディングしか必要としませんでした。”

“BCLのコードを一度も変更する必要がありませんでした。”

戻るページの先頭へ

Australian Railroad Track Corporation (ARTC)

ARTC logo

  • お客様名: Australian Railroad Track Corporation (ARTC)
  • 顧客のアプリケーション: .docや.xlsからフォームベースのファイルアップロードを介しての自動PDF作成。
  • 開発担当者: Chris Jones
  • 使用したBCL 製品: BCL easyPDF SDK
  • 開発環境: Microsoft 2003 サーバー上のIIS 6 にデプロイされたActive Server Pages

企業とアプリケーションの概略

Australian Rail Track Corporation Ltd (ARTC)は、 株式が豪連邦によって所有され、豪連邦のためにオーストラリア運輸・地域サービス省大臣と情報産業経済局大臣によって監督されているCorporations Act の傘下の企業です。ARTCはブリスベンとパース間の州をつなぐ国道建設の協議と州を結ぶ鉄道インフラの効率を向上させることに責任を負っています。

挑戦内容 (ビジネスとテクノロジー)

ARTC はフォームベースのファイルアップロードを介してアップロードされたExcel とWord ドキュメントのためにPDF作成を自動化する必要があります。

ARTC がBCL easyPDF SDK を選んだ理由:

  • 機能性

“BCL easyPDF SDK は.netと古典的なASPと良く統合されます。ドキュメント変換プロセスは私が試した他のもの (ActivePDFとVeryPDF) に比べてとても早いです。”

  • 使用、コーディングそして開発の容易さ

“BCL easyPDF SDKのインストールは簡単で良く文書化されていました。このSDKは手順が簡単でコーディングも必要最小限だったことが分かりました。”

  • 購入しやすさ

“ソフトウエア ライセンスモデルはシンプルで入手可能な価格です。”

戻るページの先頭へ

SONY

SONY logo

PDF Schematic Tracing

製品: PDF Schematic (ダイアグラム) Tracing Tool

コンシューマとプロフェッショナル市場のためのオーディオ、ビデオ、コミュニケーションおよびインフォメーションテクノロジー製品のリーディング企業であるSONY Electronics Inc.のためにBCLテクノロジーズによって開発された製品です。

企業について

北米にあるSONY Electronics Inc. は約110億ドルの売り上げを持つSONY Corporation の地域最大の事業所です。SONY Electronicsは北米でおよそ20,000人を雇用しており、事業内容としてはコンシューマ、IT、放送、事業用、および公共機関の市場区分における電子機器と記録メディア製品の生産とエンジニアリング、設計、販売、マーケティング、流通、システムインテグレーションおよびカスタマーサービスです。

挑戦内容

1994年から1998年の間にSONYは印刷費や送付費用を削減するために、全ての修理マニュアル、構成図、回路図および文書をPDFへ移行しました。この初期効果が会社の時間とコストを削減したにもかかわらず、電子フォーマットにいくつかの欠点があることに気づきました。PDFは複雑な回路図をモニタ上に表示するのに不向きでした。ユーザーが構成部品間の配線をたどることや、部品の詳細情報を得ることができませんでした。PDFファイル中のコンテンツをたどることは大変なチャレンジであり、膨大な時間がかかりました。更に、平均文書サイズが150から175ページもあるので、ユーザーが回路図を印刷し、配線にマーカー等で¥ハイライトをつけたりすることが必要とあって非生産的でした。2004年までにSONYは自分達の電子ドキュメントが読解可能で簡単に表示できるようにする方法が必要であることは明白でした。 

BCLのソリューション

BCLは部品間の配線に自動的にハイライトをつけ、直接PDFのマニュアルに載っている部品詳細を結線図に関連付けるようにしたPDF Schematic Tracing を作成しました。 この Adobe Acrobat プラグインによって、SONYは彼らのマニュアルをあらかじめ処理できるようになったので、エンジニア、修理技術社そしてサポート技術者が複雑な構成図からすばやく接続を追いかける事ができるようになりました。 Acrobat 中で簡単に配線の上をクリックすることで、その接続されてい線全部が赤や青でハイライトされ、簡単にその配線をたどることが出来ます。ハイパーリンクが各部品に貼り付けられており、それらをクリックすれば詳細へジャンプし、その後、部品番号が文書内に表示されます。PDF Schematic Trace ツールを完成させたことで、SONYはElectronic Service Information (ESI) 購読チャンネルを通して詳しく、読みやすいマニュアルをペーパーレスで配布する方法を継続して使用できるようになりました。

diagram

戻るページの先頭へ

Adobe

Adobe logo

製品: Adobe Acrobat® Table/Formatted Text

Web、印刷、ビデオ、ワイヤレスそしてブロードバンドアプリケーションを含んだ Network Publishingのための受賞ソフトウエアソリューションのプレミアプロバイダである Adobe Systems Incorporated のためにBCLテクノロジーズによって開発されました。

企業について

Adobe Systems は1982年にデスクトップパブリッシング革命をおこす手助けとなり、次のパブリッシング革命の中心となる Network Publishing を世に残しました。 Network Publishing は信頼性があり、誰でもどこでもどんなデバイス上でも得ることのできる豊かな視覚情報を作りだします。プラットフォームやデバイスに関係なく強制コンテンツのデリバリをすることによって、Adobeは引き続きWeb、印刷およびビデオパブリッシングにおける標準を作り続けています。現在、AdobeはWeb、印刷、ビデオ、ワイヤレスそしてブロードバンドアプリケーションを含んだ Network Publishingのための受賞ソフトウエアソリューションを作り続けています。

挑戦内容

Adobe Portable Document Format、またはPDFは、ドキュメントを作成するのに使用したアプリケーションやプラットフォームに関係なく、いかなるソースのドキュメントのフォント、フォーマット、図そして色を変えることなく保持できる世界中に名の知られているファイルフォーマットです。 その形態が最終フォーマットとなり、編集をするというよりも、ファイルを見たり、印刷したりするために設計されています。

PDFが提供した不変で豊かな持ち運びのできるドキュメント表示が人々に愛されている一方、テキストや表、図のようなオブジェクトを抽出できないことが、製薬製剤や金融業界のようにPDFに大きく頼っている幅広い業界のエンドユーザーの深刻な悩みになっていたことを知りました。

BCLのソリューション

PDFの分野の大規模な専門的技術で、Adobe Systemsが直面している問題がPDFの基礎ドキュメント構造にある、つまりコンテンツの構造情報が少ししかまたは全く持っていない、ということをBCLは気づきました。これは図、表および文章のようなオブジェクトがその他のドキュメント-オーサリングパッケージの中で定義されるのではなく、ただ単にPDFの中のテキストアイテムの集合となっているからでした。

上記問題点を理解し、BCLはPDF内の表と文章構造を検出する特許技術を開発しました。この開発がユーザーがドキュメント構造を損なわずにPDFから情報を抽出できるAcrobat プラグインの受賞プログラムとなりました。この技術はAdobe Systemsに取り入れられ、現在のAdobe Acrobat4.0と5.0の大変貴重な特徴になっています。

screenshot

戻るページの先頭へ

様々な分野の企業に弊社のeasyPDF SDK およびその他ドキュメント変換ソリューションをお使いいただいています。:

教育関連

  • Harvard Business School
  • Hernando County School Board
  • ST.Clair County Regional Edu Serv Agency
  • Temple University
  • University of Bristol

ファイナンシャル / プロフェッショナル サービス

  • Accenture
  • Allianz Corporation Ireland
  • AXA Equitable
  • AXA Rosenberg
  • Bear Stearns
  • Century 21 Today
  • Charles Schwab & Co., Inc
  • Check 'n Go
  • Chubb & Son
  • Equity One
  • Ernst & Young
  • First American Financial
  • Foot Anstey Solicitors
  • Foster Pepper Tooze LLP
  • KPMG
  • Latham & Watkins
  • Lyons Davidson Solicitors
  • PricewaterhouseCoopers (PWC)
  • R.R.Donnelley
  • Riviera Finance, LLC
  • Schweizerische Nationalbank
  • SunAmerica
  • The Capital Group
  • The Vanguard Corp.
  • Thomson Financial
  • US Bank
  • Watson Wyatt & Co.
  • West Group

政府、自治体機関 / 非営利団体

  • AusAID
  • Australian Railroad Track Corp. (ARTC)
  • Canada, government of
  • Central Intelligence Agency (CIA)
  • CHFS
  • Federal Bureau of Investigation
  • Federal Bureau of Prisons
  • Guggenheim Museum
  • Illinois Commerce Commission
  • Illinois Department of Transportation
  • LAPD
  • Lawrence Livermore National
  • LaboratoryNoosa Shire Council
  • Redland Shire Council
  • PG&E
  • U.S. Government Printing Office
  • U.S. House of Representatives
  • United States Department of Agriculture (USDA)
  • U.S. Department of Defense
  • U.S. Department of Energy
  • U.S. Navy

製造業

  • Agilent Technologies Inc
  • Bell & Howell
  • BMW Financial Service Korea
  • Boeing
  • Buell Motorcycle Co.
  • GE EFS
  • GE Supply
  • Minolta
  • Northrop Grumman
  • Schindler Elevator Ltd.
  • SONY
  • Xerox

IT 関連企業

  • Adobe
  • Advanced Solutions, Inc.
  • Advorto
  • Allied Computer Solutions
  • Anderson Consulting
  • Aquaforest Limited
  • AssureCO eSolutions
  • Business Information
  • Technology(M)Sdn Bhd
  • Cisco
  • CompuTech Business Solutions Inc
  • Covansys
  • Infosis
  • Infosys
  • Intersoft Corporation
  • Lockheed Martin
  • Microsoft
  • Nitro PDF
  • OIBE (Pty) Ltd
  • OITUK Ltd
  • Panvision GmbH
  • Siemens Business Systems
  • Software602
  • Sowedoo
  • TaxWorks
  • The Practice Engine Group Ltd
  • ValGenesis, Inc.
  • World's Leading Ticketing Company
  • XChanging
  • Yokogawa Marex

ライフサイエンス関連

  • Abbott Laboratories
  • Denver Health Medical Center
  • Genentech
  • Health Canada
  • PatienTrak
  • Riverside Health System
  • Rogers Medical IntelligenceSolutions
  • The Bode Technology Group, Inc.
  • WakeMed Health & Hospitals

テレコミュニケーション

  • Skytel
  • Verizon

小売業

  • Best Buy
  • Check ‘n Go
  • Learngear for IKEA
  • MSWireless

 

 
BCL
© 1993 - , BCL Technologies.
弊社以外の全ての商標は、各所有者に帰属します。