x64 サポート

easyPDF SDK 6.0とそれ以降のバージョンでは、以前のバージョンのように、Win32 プラットフォームをサポートしています。しかしながら先のバージョンとは違い、x64 チップセット上で動くWin64 も現在サポートしています。SDK の32-bit と 64-bit エディションは別々のパッケージになっており、互換がないのでご自身のオペレーティングシステムに合ったものをお使いください。下記に各プラットフォームを動作する際に注意していただきたいことを挙げておきます。

Win32:

easyPDF SDK の32-bit エディションを使用しなくてはいけません。そして、SDK を利用するアプリケーションも32-bit でなくてはいけません。

Win64:

Win64 は32-bit と64-bit プロセス両方をサポートしています。しかし、プリンタドライバを含む全てのドライバは64-bit でなくてはいけません。つまり、easyPDF SDK の64-bit エディションを使用しなくてはいけません。

それに比べて、SDKを利用するアプリケーションは32-bit または64-bit どちらも使用可能です。SDKがどちらで動作するかに因りますので、その選択はあなた次第です。

追加事項:

easyPDF SDK の32-bit と64-bit エディションは同じの機能を持ち、同じAPIをシェアています。

1つのはっきりとした例外があります。:

easyPDF SDK が幅広い種類のプログラム言語とフレームワークをサポートしていること、そして、お使いになるいずれか1つが、Win64 の下でネイティブ64-bit または伝統的な32-bit としてお手持ちのプログラムが動作するかどうかに影響することを覚えておいてください。例えば、VB6 アプリケーションはいつも32-bit で、.NET アプリケーションはプラットフォームを選ばず、Win64 下の64-bit としていつも動作します。そしていくつかのケースにおいて、クロスコンパイラーは32-bit と 64-bit バイナリの間でトグルを許可するでしょう。