AddFreeText メソッド

テキストの注釈をPDF ファイルに付加する。

Sub AddFreeText(InputFileName As String,
                OutputFileName As String,
                From As Long,
                To As Long,
                Left As Double,
                Top As Double,
                Text As String,
                Author As String,
                Subject As String,
                Size As Double,
                Font As prcDefaultFont,
                Color As OLE_COLOR)

Parameters

戻り値

なし

注意点

備考 1: 座標システム情報:

  1. PDF ユーザースペースのユニットサイズは 1/72 インチ (1 inch = 72 PDF ユーザースペースユニット)です。
  2. 原点(0, 0) のロケーションは左上隅です。
  3. PDF ファイルからページサイズを取得するには、GetPageSize メソッドを使用してください。

    ページ番号はゼロ-ベースのインデックスを使用します。つまり、ページ番号は0 から始まります。

備考 2: 各種プログラミング言語からのOLE_COLOR 変換:

C++:

static_cast<OLE_COLOR>(RGB(0, 0, 255))

VB6:

RGB(0, 0, 255)

VB.NET:

Convert.ToUInt32(System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 0, 255))

C#:

(uint)System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 0, 255))

Others:

以下のフォーマットでの32 bit 整数値: 0x00bbggrr (BGR フォーマット内, RGB内ではない)

色変換に関しての詳細はMSDN Knowledge Base article Q131101 を参照してください。

備考 3: このメソッドは、テキストをPDF ファイルへ付加します。付加されたテキストは残りのテキスト同様、直接スクリーンに表示され、またそのテキストはAdobe Reader 下で検索可能になりますが、これは実際のテキスト内容の一部として挿入されたのではなく、一種の注釈として挿入されています。実際のテキスト内容の一部としてPDF ファイルにテキストを付加したい場合、AddPDFText メソッドを代わりに使用してください。

備考 4: このメソッドはbasic Latin characters (ISO-8859-1) のみサポートします。

備考 5: ページ番号を"%p" (現在のページ) と "%P" (総ページ数) を使用することで挿入できます。 例: "Page %p of %P"

使用例


Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")

 

oProcessor.AddFreeText "C:\input.pdf", _

                       "C:\output.pdf", _

                       0, _

                       0, _

                       10, _

                       10, _

                       "FreeText test here.", _

                       "Author", _

                       "Subject", _

                       24, _

                       PRC_DEFFONT_HELVETICA, _

                       RGB(0, 0, 255)