GetPageSizeVar プロパティ

PDF ファイルからページの幅と高さの情報を取得します。

注意: このメソッドはVBScript とクラシック ASP にのみ動作します。その他のプログラミング言語については、GetPageSize() メソッドを使用してください。

Sub GetPageSizeVar(InputFileName As String,
                   Page As Long,
                   Width As Variant,
                   Height As Variant)

パラメータ

戻り値

なし

注意点

座標システム情報:

  1. PDF ユーザースペースのユニットサイズは 1/72 インチ (1 inch = 72 PDF ユーザースペースユニット)です。
  2. 原点(0, 0) のロケーションは左上隅です。

    ページ番号はゼロ - ベースのインデックスを使用します。つまり、ページ番号は0 から始まります。

使用例(VBScript)


Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")

oProcessor.GetPageSizeVar "C:\input.pdf", _
                        0, _
                        width, _
                        height

MsgBox "Width: " + CStr(width) + ", Height: " + CStr(height)


使用例(Java with the Jawin bridge)


import com.bcl.easypdf.*;
import com.bcl.easypdf.EasyPDFProcessor.*;
import org.jawin.*;

...

EasyPDF.initialize();
IPDFProcessor pcr = new IPDFProcessor();
Variant.ByrefHolder varwidth = new Variant.ByrefHolder(new Double(0.0));
Variant.ByrefHolder varheight = new Variant.ByrefHolder(new Double(0.0));
pcr.GetPageSizeVar(inputFileName, pageNo, varwidth, varheight);
double width = (Double)varwidth.getRef();
double height = (Double)varheight.getRef();
EasyPDF.uninitialize();


使用例(Java with the JACOB bridge)


import com.bcl.easypdf.*;
import com.bcl.easypdf.EasyPDFProcessor.*;
import com.jacob.com.*;

...

EasyPDF.initialize();
IPDFProcessor pcr = new IPDFProcessor();
Variant varwidth = new Variant(0.0, true);
Variant varheight = new Variant(0.0, true);
// note: the second "true" argument means pass the variant by reference
pcr.GetPageSizeVar(inputFileName, pageNo, varwidth, varheight);
double width = varwidth.getDouble();
double height = varheight.getDouble();
EasyPDF.uninitialize();