RemoveAttachedFiles メソッド

PDF ファイルを最適化 (ファイルサイズを縮小) する。

Sub RemoveAttachedFiles(InputFileName As String,
                        OutputFileName As String)

パラメータ

戻り値

なし

注意点

この機能は、ポートフォリオPDFファイルを編集するためにAttachFilesBatchと共に使用することが可能です。ポートフォリオはマルチメディア-リッチなドキュメントでその他のドキュメントを1つにまとめることが出来ます。サンプルポートフォリオPDFがあれば、RemoveAttachedFilesは同じスタイルの空のポートフォリオを作成ことができます。第2のステップとして、AttachFilesBatchは、新しい内容で空白のポートフォリオを事前設定するのに用いられます。

PDFから元からある全ての内容を永久的に削除するために、確実にOptimizeAfterEachProcessをTrueに設定してください。この機能は上記の設定をしなくても動作はしますが、最終的な出力には、オリジナルのコンテンツから引き継いでしまった負荷が掛かり、PDFのファイルサイズを不必要に増加させてしまうだけでなく、著作権問題を引き起こす可能性もあります。

使用例(VB, ASP)


Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")

' 永久的に使われていない内容を確実に消去します。
oProcessor.OptimizeAfterEachProcess = True

' 既存の添付ファイルを全て消去します。
oProcessor.RemoveAttachedFiles "C:\sample.pdf", "C:\empty.pdf"

oProcessor.OptimizeAfterEachProcess = False 

' 新しい添付ファイルのリストと置き換えます。
Dim AttachFileNames(0 To 2) As String
AttachFileNames(0) = "C:\attachment0001.pdf"
AttachFileNames(1) = "C:\attachment0002.pdf"
AttachFileNames(2) = "C:\attachment0003.pdf"
Dim Descriptions(0 To 2) As String
Descriptions(0) = "1st attachment"
Descriptions(1) = "2nd attachment"
Descriptions(2) = "3rd attachment"
oProcessor.AttachFilesBatch "C:\empty.pdf", _
                            "C:\output.pdf", _
                            AttachFileNames, _
                            Descriptions



使用例(C#)


Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")

// 永久的に使われていない内容を確実に消去します。
oProcessor.OptimizeAfterEachProcess = true;

// 既存の添付ファイルを全て消去します。
oProcessor.RemoveAttachedFiles(@"C:\sample.pdf", @"C:\empty.pdf");

oProcessor.OptimizeAfterEachProcess = false; 

// 新しい添付ファイルのリストと置き換えます。
oProcessor.AttachFilesBatch(@"C:\empty.pdf",
                            @"C:\output.pdf",
                            new string[] { @"c:\attachment0001.jpg", @"c:\attachment0002.doc", @"c:\attachment0003.pdf" },
                            new string[] { "1st attachment", "2nd attachment", "3rd attachment");