AddRubberStamp メソッド

ゴム印をPDFファイルに追加する。

Sub AddRubberStamp(From As Long,
                   To As Long,
                   Left As Double,
                   Top As Double,
                   Right As Double,
                   Bottom As Double,
                   Text As String,
                   Author As String,
                   Subject As String,
                   Icon As prcStampIcon,
                   Color As OLE_COLOR)

パラメータ

戻り値

なし

注意点

備考 1: 座標システム情報:

  1. PDF ユーザースペースのユニットサイズは 1/72 インチ (1 inch = 72 PDF ユーザースペースユニット)です。
  2. 原点(0, 0) のロケーションは左上隅です。
  3. PDF ファイルからページサイズを取得するには、 GetPageSize メソッドを使用してください。


    ページ番号はゼロ-ベースのインデックスを使用します。つまり、ページ番号は0 から始まります。

備考 2: 各種プログラミング言語からのOLE_COLOR 変換:

C++:

static_cast<OLE_COLOR>(RGB(0, 0, 255))

VB6:

RGB(0, 0, 255)

VB.NET:

Convert.ToUInt32(System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 0, 255))

C#:

(uint)System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 0, 255))

Others:

以下のフォーマットでの32 bit 整数値: 0x00bbggrr (BGR フォーマット内, RGB内ではない)


色変換に関しての詳細はMSDN Knowledge Base article Q131101 を参照してください。

備考 3: スタンプ画像の実際のサイズが異なるPDFビューアの間で様々なので、スタンプ画像は指定された bounding box にぴったり合わない可能性があります(しかし少なくとも bounding box 内のどこかには配置されるでしょう)。

備考 4: AddRubberStampは、既存のいかなるページローテーションをも無視します。この実用的な意味合いは、斜めにおされたゴム印を適用するためにAddRubberStampに続いてRotatePages をコールすることができないということです。; そのようなシナリオにおいて、その出力は、まるでスタンプが最初に適用されてからページが回転されたかのように見えるでしょう。言い換えれば、RotatePages の後AddRubberStampをコールすることが、まるでAddRubberStampをコールしその後 RotatePages をコールしたのと同様の出力を結果として出すでしょう。

VBScript における使用例

Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")
Set oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\output.pdf")

oProcessorHandle.AddRubberStamp 0, _
                                0, _
                                100, _
                                10, _
                                300, _
                                100, _
                                "Note text here." + vbCR + vbCR + "Line break with CR is allowed", _
                                "Author", _
                                "Subject", _
                                PRC_STAMPICON_APPROVED,
                                RGB(0, 255, 0)
oProcessorHandle.Close

VB.NET における使用例

Dim oProcessor As PDFProcessor = New PDFProcessor
Dim oProcessorHandle As PDFProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\output.pdf")
   oProcessorHandle.AddRubberStamp(0, _
                                   0, _
                                   100, _
                                   10, _
                                   300, _
                                   100, _
                                   "Note text here." + vbCr + vbCr + "Line break with CR is allowed", _
                                   "Author", _
                                   "Subject", _
                                   prcStampIcon.PRC_STAMPICON_APPROVED, _
                                   Convert.ToUInt32(System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 255, 0))))
oProcessorHandle.Close()

C#における使用例

PDFProcessor oProcessor = new PDFProcessor();
PDFProcessorHandle oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile(@"C:\input.pdf", @"C:\output.pdf", null);
   oProcessorHandle.AddRubberStamp(0,
                                   0,
                                   100,
                                   10,
                                   300,
                                   100,
                                   "Note text here.\r\rLine break is allowed",
                                   "Author",
                                   "Subject",
                                   prcStampIcon.PRC_STAMPICON_APPROVED,
                                   Convert.ToUInt32(System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 255, 0))));
oProcessorHandle.Close();