AddStamp2 メソッド

イメージスタンプをPDFファイルのいかなるページやページ範囲に追加する。

Sub AddStamp2(InputImageFileName As String,
              FromPage As Long,
              ToPage As Long,
              hpos As prcStampHPosition,
              vpos As prcStampVPosition,
              zorder As prcStampZOrder,
              hoffset As Double,
              voffset As Double,
              color As OLE_COLOR,
              zoom As Long)

 

パラメータ

戻り値

なし

注意点

AddStamp2 はAddStamp と大変密接に関連しています。AddStamp は単純にイメージを最初のページに追加するか、またはファイルの全てのページに追加するかを可能にしますが、一方AddStamp2 は、スタンプが押されるページ範囲上で完全なコントロールを提供します。

備考 1: AddStamp2 は1つの決まった色しか透過色にすることができないということが、とても重要になります。これに許容範囲はありません。この理由のために、とても高画質でない限り、JPEGファイルでカラーキー透過を使用することが推奨されていないからです。

備考 2: 座標システム情報 :

  1. PDF ユーザースペースのユニットサイズは 1/72 インチ (1 inch = 72 PDF ユーザースペースユニット)です。
  2. 原点(0, 0) のロケーションは左上隅です。

備考 3: 各種プログラミング言語からのOLE_COLOR 変換 :

C++:

static_cast<OLE_COLOR>(RGB(0, 0, 255))

VB6:

RGB(0, 0, 255)

VB.NET:

Convert.ToUInt32(System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 0, 255))

C#:

(uint)System.Drawing.ColorTranslator.ToOle(Color.FromArgb(0, 0, 255))

Others:

各種プログラミング言語からのOLE_COLOR 変換 :


色変換に関しての詳細はMSDN Knowledge Base article Q131101 を参照してください。

備考 4: ページ番号はゼロ - ベースのインデックスを使用します。つまり、ページ番号は0 から始まります。

VBScript における使用例

Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")
Set oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\output.pdf")
   oProcessorHandle.AddStamp2 "C:\image.jpg", _
                              0, _
                              10, _
                              PRC_STAMP_HPOS_CENTER, _
                              PRC_STAMP_VPOS_CENTER, _
                              PRC_STAMP_ZORDER_TOP, _
                              0, _
                              0, _
                              0, _
                              100
oProcessorHandle.Close

VB.NET における使用例

Dim oProcessor As PDFProcessor = New PDFProcessor


Dim oProcessorHandle As PDFProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\output.pdf")
   oProcessorHandle.AddStamp2("C:\image.jpg", _
                              0, _
                              10, _
                              prcStampHPosition.PRC_STAMP_HPOS_CENTER, _
                              prcStampVPosition.PRC_STAMP_VPOS_CENTER, _
                              prcStampZOrder.PRC_STAMP_ZORDER_TOP, _
                              0, _
                              0, _
                              0, _
                              100)
oProcessorHandle.Close() 

C#における使用例

PDFProcessor oProcessor = new PDFProcessor();


PDFProcessorHandle oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile(@"C:\input.pdf", @"C:\output.pdf", null);
   oProcessorHandle.AddStamp2(@"C:\image.jpg", 
                              0, 
                              10, 
                              prcStampHPosition.PRC_STAMP_HPOS_CENTER, 
                              prcStampVPosition.PRC_STAMP_VPOS_CENTER, 
                              prcStampZOrder.PRC_STAMP_ZORDER_TOP, 
                              0, 
                              0, 
                              0, 
                              100);
oProcessorHandle.Close();