Close メソッド

ハンドルをPDFファイルへ閉じる。PDFへの全ての書き込み操作はファイナライズされ、そして全て内部メモリ構造はリリースされる。

Sub Close()

パラメータ

なし

戻り値

なし

注意点

PDFファイルの変更を終了する際に、いつもClose, CloseMemCloseEncryptCloseMemEncryptCloseDecrypt、またはCloseMemDecrypt を確実にコールしてください。もしCloseまたはその変化型がコールされなかった場合、PDFファイルは完全に書き出されず無効とみなされるでしょう。更に、ファイルハンドルによって内部で使われるメモリが割り当てられないでしょう。; いくつかのプログラミング言語やフレームワークにおいて、これはメモリのリークとして現れ、そしてその他においては、EasyPDF SDKが対応していないコードであるがために、予想のできない不要データのコレクションという結果になってしまうでしょう。

一旦ファイルハンドルが閉じられると、いかなるハンドルのメソッド上のコールも許可されません。例外としてClose、CloseMemCloseEncryptCloseMemEncryptCloseDecrypt、またはCloseMemDecrypt へは繰り返しコールされることが可能です。つまり、もしあなたが例外処理イディオムを使用すれば、安全にCloseまたはその変化型を早期のハンドルクローズに関係なく最終ブロック内で、コールすることができます。

しかしながら、1番目のコールしたClose、CloseMemCloseEncryptCloseMemEncryptCloseDecrypt、またはCloseMemDecrypt だけが実際にファイルハンドルを閉じ、そしてそれは成功や失敗に関わらず実行するということに注意してください。もし何らかの理由でCloseまたはその変化型への最初のコールが失敗した場合、その後ファイルハンドルは閉じられ、その内部メモリは自由になり、ある例外が発生します。1番目のコール以外のCloseまたはその変化型へのいかなるコールは無視されます。(それは何も実行せず、エラーも起しません。)

暗号化された PDF上での注意:

もし、あなたがファイルハンドルを閉じているPDFが暗号化される場合、CloseまたはCloseMemのコールは、オリジナルの入力PDFと同様のセキュリティ設定(例えば、パスワードや許可)で出力PDFを生成するということを覚えておいてください。もし、出力PDFのセキュリティ設定を変えたい場合、その後、CloseEncrypt またはCloseMemEncrypt を代わりにコールしてください。

VBScript における使用例

Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")
Set oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\output.pdf")
oProcessorHandle.AddHyperlink 0, _
                              0, _
                              50, _
                              80, _
                              370, _
                              100, _
                              "http://www.bcltechnologies.com/", _
                              PRC_BORDERSTYLE_DASHLINE_MEDIUM, _
                              RGB(255, 0, 0)
oProcessorHandle.AddStamp "C:\image.jpg", _
                          0, _
                          PRC_STAMP_HPOS_CENTER, _
                          PRC_STAMP_VPOS_CENTER, _
                          PRC_STAMP_ZORDER_TOP, _
                          0, _
                          0, _
                          0, _
                          100
oProcessorHandle.Close

VB.NET における使用例

Dim oProcessor As PDFProcessor = Nothing
Dim oProcessorHandle As PDFProcessorHandle = Nothing
Try
   oProcessor = New PDFProcessor
   oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\output.pdf", Nothing)
   oProcessorHandle.AddHyperlink(0, _
                                 0, _
                                 50, _
                                 80, _
                                 370, _
                                 100, _
                                 "http://www.bcltechnologies.com", _
                                 prcAnnotBorderStyle.PRC_BORDERSTYLE_DASHLINE_MEDIUM, _
                                 0)
   oProcessorHandle.AddStamp("C:\image.jpg", _
                             0, _
                             prcStampHPosition.PRC_STAMP_HPOS_CENTER, _
                             prcStampVPosition.PRC_STAMP_VPOS_CENTER, _
                             prcStampZOrder.PRC_STAMP_ZORDER_TOP, _
                             0, _
                             0, _
                             0, _
                             100)
Catch ex As System.Runtime.InteropServices.COMException


   MessageBox.Show(ex.Message)
Finally
      oProcessorHandle.Close()
End Try

C#における使用例

PDFProcessor oProcessor = null;
PDFProcessorHandle oProcessorHandle = null;
try
{
   oProcessor = new PDFProcessor();
   oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile(@"C:\input.pdf", @"C:\output.pdf", null);
   oProcessorHandle.AddHyperlink(0, 
                                 0, 
                                 50, 
                                 80, 
                                 370, 
                                 100, 
                                 "http://www.bcltechnologies.com", 
                                 prcAnnotBorderStyle.PRC_BORDERSTYLE_DASHLINE_MEDIUM, 
                                 0);
   oProcessorHandle.AddStamp(@"C:\image.jpg", 
                             0, 
                             prcStampHPosition.PRC_STAMP_HPOS_CENTER, 
                             prcStampVPosition.PRC_STAMP_VPOS_CENTER, 
                             prcStampZOrder.PRC_STAMP_ZORDER_TOP, 
                             0, 
                             0, 
                             0, 
                             100);
}
catch(System.Runtime.InteropServices.COMException ex)
{
   MessageBox.Show(ex.Message);
}
finally
{
   oProcessorHandle.Close();
}