CropPagesメソッド

PDFファイル内の1ページもしくは複数ページのコンテンツエリアをクロップする。

Sub CropPages(From As Long,
              To As Long,
              Left As Double,
              Top As Double,
              Right As Double,
              Bottom As Double)

パラメータ

戻り値

なし

注意点

ページ番号はゼロ - ベース インデックスを使用します。 つまり、ページ番号は0から始まります。

クロップ座標は事前にクロップされたページの左上角を基本とし、ポイント間の寸法を使用します。1ポイントは1/72インチ(1インチ内に72ポイントが存在する)です。1インチは25.4㎜です。

最終ページは、有効なクロップで定義された座標で指定された左右の幅と上下の高さで決まります。CropPageはコンテンツを拡大することはできず、コンテンツの縮小か大きさを変えずに保持することしか出来ないのでご注意ください。この機能では、後からクロップした長方形が先にクロップした長方形の中に確実に納まる様に、ユーザー指定座標を自動的に調整します。クロップ機能でページのサイズを0やマイナスにしてしまった場合、エラーが生じます。

VBScriptにおける使用例

Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")
Set oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\input.pdf")

' crop the first 5 pages 1 inch on the left and top, 6x9 inches big

oProcessorHandle.CropPages 0, 4, _
                           72, 72, 7 * 72, 10 * 72
                              
oProcessorHandle.Close

VB.NETにおける使用例

Dim oProcessor As PDFProcessor = New PDFProcessor


Dim oProcessorHandle As PDFProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\input.pdf")
   oProcessorHandle.CropPages(0, 4, _
                              72, 72, 7 * 72, 10 * 72)
                                 
oProcessorHandle.Close()

C#における使用例

PDFProcessor oProcessor = new PDFProcessor();
PDFProcessorHandle oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile(@"C:\input.pdf", @"C:\input.pdf", null);
   oProcessorHandle.CropPages(0, 4, 
                              72, 72, 7 * 72, 10 * 72);
                                 
oProcessorHandle.Close();