GetPageCount メソッド

PDFファイルからページ数を取得する。

Function GetPageCount() As Long

パラメータ

なし

戻り値

入力ファイルのページ数

注意点

PDFProcessor オブジェクトからのGetPageCount に詳しい方々のために、 PDFProcessorHandle オブジェクトからのこのバージョンのGetPageCountは、暗号化されたPDFファイルで動作するための任意のパスワードを取らな いことに注意してください。PDFProcessorHandleが暗号化されたPDFファイルの処理をサポートするために拡張される場合、要求されたパ スワードは、PDFProcessorHandleが得られた時にOpenFileまたはOpenMem によって取られるでしょう。

VBScript における使用例

Set oProcessor = CreateObject("easyPDF.PDFProcessor.7")

Set oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\input.pdf")

nCount = oProcessorHandle.GetPageCount()
oProcessorHandle.Close
MsgBox "このPDFファイルは " + CStr(nCount) + " ページあります。"

VB.NET における使用例

Dim oProcessor As PDFProcessor = New PDFProcessor
Dim oProcessorHandle As PDFProcessorHandle = oProcessor.OpenFile("C:\input.pdf", "C:\input.pdf")
   Dim nCount As Long = oProcessorHandle.GetPageCount()
oProcessorHandle.Close()
MessageBox.Show("TこのPDFファイルは " + nCount.ToString() + "ページあります。")


C#における使用例

PDFProcessor oProcessor = new PDFProcessor();
PDFProcessorHandle oProcessorHandle = oProcessor.OpenFile(@"C:\input.pdf", @"C:\input.pdf", null);
   long nCount = oProcessorHandle.GetPageCount();
oProcessorHandle.Close();
MessageBox.Show("このPDFファイルは " + nCount.ToString() + " ページあります。");