QueueWaitTimeout プロパティ

キュー待機タイムアウト値を取得/設定する。

長整数型 (ミリ秒表示)

注意点

Outlookは複数の変換一度に実行できないので、PrintOut メソッドを介してリクエストする各変換はキューへ置かれ、そして、それらは一度に変換されます。もし、QueueWaitTimeout プロパティで指定された値以上に待つ場合、待機しているプリントジョブはタイムアウトになるでしょう。

タイムアウト値はミリ秒単位です。制限無く待ちたいときにはゼロを設定してください。

使用例

Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.OutlookPrintJob
' キュー待機タイムアウト値を2分に設定します
oPrintJob.QueueWaitTimeout = 2 * 60000
oPrintJob.PrintOut "C:\input.msg", "C:\output.pdf"