Signature プロパティ

電子署名を有効/無効にする。

ブール型

注意点

文書を証明することによって、その文書内容を保証し、文書が作成者から送られたという事を受取人が確認する事が可能です。不必要な変更の検知と防止をするために、改ざん防止を付加することも可能です。文書を証明するために、デジタルID を作成する必要があります(SignatureCreateDigitalID メソッドで作成可能)。

使用例


Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

Set oPrintJob = oPrinter.PrintJob

Set oPDFSetting = oPrintJob.PDFSetting



' デジタルIDを作成します(デジタルIDを持っていない場合にのみこの作業を実行してください)

oPDFSetting.SignatureCreateDigitalID "C:\my_digital_id.pfx",  _

                                     "password_here", _

                                     "John Smith", _

                                     "US", _

                                     "Organization Name", _

                                     "Organization Unit", _

                                     "My Email Address", _

                                     PRN_SIG_KEYLEN_1024



' デジタルIDから証明ファイルを取得することができます

' そして署名済み文書を確認するために、その署名ファイルを他の人が使用することが可能です

oPDFSetting.SignatureExportCertificate "C:\my_certificate.cer", _

                                       "C:\my_digital_id.pfx", _

                                       "password_here"



' 電子署名を有効にします

oPDFSetting.Signature = True



' デジタルIDファイルを設定します

oPDFSetting.SignatureDigitalIDFileName = "C:\my_digital_id.pfx"



' 署名の画像を挿入します

oPDFSetting.SignatureImage = True

oPDFSetting.SignatureImageFileName = "C:\signature.bmp"

oPDFSetting.SignatureImagePosLeft = 1.0 ' 1.0 inch from left

oPDFSetting.SignatureImagePosTop = 1.0 ' 1.0 inch from top

oPDFSetting.SignatureImageZoom = 100 ' percent

oPDFSetting.SignatureInfoContact = "Contact info"

oPDFSetting.SignatureInfoLocation = "Location info"

oPDFSetting.SignatureInfoPurpose = "Purpose info"



' PDF変換の前にデジタルIDパスワードを設定します

oPrintJob.SignatureDigitalIDPassword = "password_here"



oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"