SignatureInfoPurpose プロパティ

目的(署名の理由)の情報を取得/設定する。

文字列型

注意点

"署名の理由"、"問合せ先"、そして "ロケーション" のような特定のPDFファイルで関連付けられた署名の詳細を付加することが可能です。 これらの情報は署名に含まれます。

使用例


Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

Set oPrintJob = oPrinter.PrintJob

Set oPDFSetting = oPrintJob.PDFSetting



' デジタルIDを作成します(デジタルIDを持っていない場合のみこの作業を実行してください)

oPDFSetting.SignatureCreateDigitalID "C:\my_digital_id.pfx",  _

                                     "password_here", _

                                     "John Smith", _

                                     "US", _

                                     "Organization Name", _

                                     "Organization Unit", _

                                     "My Email Address", _

                                     PRN_SIG_KEYLEN_1024



' デジタルIDから証明ファイルを取得することが出来ます  

' そして署名済み文書を確認するために、その証明ファイルを他の人が使用することが可能です

oPDFSetting.SignatureExportCertificate "C:\my_certificate.cer", _

                                       "C:\my_digital_id.pfx", _

                                       "password_here"



' 電子署名を有効にします

oPDFSetting.Signature = True



' デジタルIDファイルを設定します

oPDFSetting.SignatureDigitalIDFileName = "C:\my_digital_id.pfx"



' 署名の画像を挿入します

oPDFSetting.SignatureImage = True

oPDFSetting.SignatureImageFileName = "C:\signature.bmp"

oPDFSetting.SignatureImagePosLeft = 1.0 ' 左から1.0 インチ

oPDFSetting.SignatureImagePosTop = 1.0 ' 上から1.0 インチ

oPDFSetting.SignatureImageZoom = 100 ' パーセント

oPDFSetting.SignatureInfoContact = "Contact info"

oPDFSetting.SignatureInfoLocation = "Location info"

oPDFSetting.SignatureInfoPurpose = "Purpose info"



' PDF変換の前にデジタルIDパスワードを設定します

oPrintJob.SignatureDigitalIDPassword = "password_here"



oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"