NativeOfficeStandardPDFA プロパティ

PowerPointによってネイティブに作成されたPDF出力(つまりをNativeOfficePDFがTrue)がPDF/A準拠であるかどうか決定する。

ブール型

注意点

このプロパティはNativeOfficePDFがTrueに設定されている際にのみ適用されます。

デフォルト値はFalseです。つまり、通常のPDF(PDF/Aに準拠していない)が生成されます。

Trueに設定された場合、PDF/A準拠のPDFが生成されます。

VBScriptにおける使用例

Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.PowerPointPrintJobEx
oPrintJob.NativeOfficePDF = True
oPrintJob.NativeOfficeStandardPDFA = True
oPrintJob.PrintOut "C:\input.ppt", "C:\output.pdf"

VB.NETにおける使用例

Dim oPrinter As Printer = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Dim oPrintJob As PowerPointPrintJobEx = oPrinter.PowerPointPrintJobEx
oPrintJob.NativeOfficePDF = True
oPrintJob.NativeOfficeStandardPDFA = True
oPrintJob.PrintOut "C:\input.ppt", "C:\output.pdf"

C#における使用例

Printer oPrinter = new Printer();
PowerPointPrintJobEx oPrintJob = oPrinter.PowerPointPrintJobEx;
oPrintJob.NativeOfficePDF = true
oPrintJob.NativeOfficeStandardPDFA = true;
oPrintJob.PrintOut(@"C:\input.ppt", @"C:\output.pdf");