PowerPointTimeOut プロパティ

PowerPointTimeOut のPowerPoint変換手順のためのタイムアウト値

長整数型 (ミリ秒表示)

注意点

これは、PowerPointPrintJobExのPowerPoint変換手順のためのタイムアウトインターバルを決定します。このタイムアウトはプリント手順を含んでいないことにご注意ください。このタイムアウトは、プリント過程やキュー段階での待機時間を含まないのでご注意ください。タイムアウトの総時間はPowerPointの待機時間、続いて実行される変換、そして最後にPDFへプリントする時間で構成されています。 NativeOfficePDFがTrueの場合、プリント過程がなくなります。

デフォルトタイムアウトインターバルは2分です。 

無期限に待ちたい場合、ゼロを設定してください。

VBScriptにおける使用例

Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.PowerPointPrintJobEx

' PowerPoint変換タイムアウトインターバルを5分に設定します。
oPrintJob.PowerPointTimeOut= 5 * 60000

oPrintJob.PrintOut "C:\input.ppt", "C:\output.pdf"

VB.NET における使用例

Dim oPrinter As Printer = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Dim oPrintJob As PowerPointPrintJobEx = oPrinter.PowerPointPrintJobEx

' PowerPoint変換タイムアウトインターバルを5分に設定します。
oPrintJob.PowerPointTimeOut= 5 * 60000 

oPrintJob.PrintOut "C:\input.ppt", "C:\output.pdf"

C# における使用例

Printer oPrinter = new Printer();
PowerPointPrintJobEx oPrintJob = oPrinter.PowerPointPrintJobEx;


// PowerPoint変換タイムアウトインターバルを5分に設定します。
oPrintJob.PowerPointTimeOut= 5 * 60000;

oPrintJob.PrintOut(@"C:\input.ppt", @"C:\output.pdf");