OfficePreference プロパティ

PDFの優先変換方法について、Officeの設定内容を取得/設定する。

prnOfficePreference

デフォルト値

PRN_MSOFFICE_DIRECT_PRINT (easyPDF SDK 6.xとの互換性あり)

注意点

Printer.PrintJobは、Printer SDKのcentral dispatcherです。自動的にドキュメントのタイプを判別し、指定されたジョブの実行をするように仕向けます。

元々PrintJobは、かなり単純なものでした。DOC.やTXT.のためにWordPrintJobを使用し、XLS.にはExcelPrintJobを選び、HTML.にはIEPrintJobを用いて処理しました。

しかしながら、時間の経過と共に、ほとんどのOfficeドキュメントは複数の異なった方法でPDFに変換されることが可能になるところまでPrinter SDKは成長しています。例えば:



多岐にわたる変換方法が存在する今、PrintJob内でこの優先権を設定することに意味があります。つまり、OfficePreferenceの存在が必要なのです。このプロパティには、下記の選択肢があります。

Outlookドキュメントは選択肢にありませんので、いつもOutlookPrintJobを使用しますので、ご注意ください。しかし、OutlookPrintJobが添付ファイルをプリントする際、OutlookPrintJob.OfficePreference とOutlookPrintJob.WebBrowserPreferenceプロパティを考慮します。例えば、Outlookのメッセージに添付されていたDOC.ファイルを異なる方法で印刷することが可能になります。

使用例


Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.PrintJob oPrintJob.OfficePreference = PRN_MSOFFICE_EXTENDED_PRINT oPrintJob.PrintOut "C:\input1.doc", "C:\output1.pdf" ' Same as WordPrintJobEx
oPrintJob.PrintOut "C:\input2.xls", "C:\output2.pdf" ' Same as ExcelPrintJobEx oPrintJob.OfficePreference = PRN_OPENOFFICE_NATIVE_PDF oPrintJob.PrintOut "C:\input3.doc", "C:\output3.pdf" ' Same as OpenOfficePrintJob oPrintJob.OfficePreference = PRN_MSOFFICE_EXTENDED_PRINT oPrintJob.PrintOut "C:\input4.msg", "C:\output4.pdf" ' Same as OutlookPrintJob, but .DOC attachments
' are printed via WordPrintJobEx