NativeOfficeDocStructureTags プロパティ

Wordによって最適に作成された(つまりにNativeOfficePDFがTrue)PDF出力にドキュメントの構成タグが、含まれるか否かを決定する。

ブール型

注意点

このプロパティは、NativeOfficePDFがTrueに設定されている時にのみ適用されます。

デフォルト値はTrueです。つまり、ドキュメント構造(スクリーンリーダ、ドキュメントフロー、そして論理的内容組織のためのアクセスビリティ データのような非プリント情報が)PDFに含まれています。

Falseに設定される場合、ドキュメント構造情報は取り除かれます。

VBScript における使用例

Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.WordPrintJobEx
oPrintJob.NativeOfficePDF = True
oPrintJob.NativeOfficeDocStructureTags = True
oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"

VB.NET における使用例

Dim oPrinter As Printer = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Dim oPrintJob As WordPrintJobEx = oPrinter.WordPrintJobEx
oPrintJob.NativeOfficePDF = True
oPrintJob.NativeOfficeDocStructureTags = True
oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"

C# における使用例

Printer oPrinter = new Printer();
WordPrintJobEx oPrintJob = oPrinter.WordPrintJobEx;
oPrintJob.NativeOfficePDF = true;
oPrintJob.NativeOfficeDocStructureTags = true;
oPrintJob.PrintOut(@"C:\input.doc", @"C:\output.pdf");