OpenAndRepair プロパティ

壊れたドキュメントを開き、修復するか否かを指示するフラグを取得/設定する。

ブール型

注意点

デフォルト値はFalseです。この値がTrueに設定された場合、Wordはもしドキュメントが壊れていたら修復を試みようとします。そして、ドキュメントが修復された場合、リペアダイアログボックスとドキュメント自身が一時的に現れるのを見るでしょう。もしこの値がFalseに設定された場合、壊れたドキュメントは 処理されないでしょう。

VBScript における使用例

Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.WordPrintJobEx
oPrintJob.OpenAndRepair = True
oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"
  

VB.NET における使用例

Dim oPrinter As Printer = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Dim oPrintJob As WordPrintJobEx = oPrinter.WordPrintJobEx
oPrintJob.OpenAndRepair = True
oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"

C# における使用例

Printer oPrinter = new Printer();
WordPrintJobEx oPrintJob = oPrinter.WordPrintJobEx;
oPrintJob.OpenAndRepair = true;
oPrintJob.PrintOut(@"C:\input.doc", @"C:\output.pdf");