RevisionMode プロパティ

WordドキュメントをPDFへ変換するときに使用される変更履歴のモードを決定する。

prnRevisionMode

注意点

IncludeDocumentMarkupsがTrueに設定されるときのみ、このプロパティは適用されます。

デフォルトの選択は PRN_DEFAULT_REVISIONです。つまり、Wordで設定される現在の変更履歴モードが使われることを意味します。

インライン/取り消し線の変更履歴モードを使用するためにPRN_INLINE_REVISIONを指定してください。また、バルーン変更履歴モードを選択するためにPRN_BALLOON_REVISIONを使用してください。

VBScript における使用例

Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.WordPrintJobEx
oPrintJob.IncludeDocumentMarkups = True
oPrintJob.RevisionMode = PRN_BALLOON_REVISION
oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"

VB.NET における使用例

Dim oPrinter As Printer = CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Dim oPrintJob As WordPrintJobEx = oPrinter.WordPrintJobEx
oPrintJob.IncludeDocumentMarkups = True
oPrintJob.RevisionMode = prnRevisionMode.PRN_BALLOON_REVISION
oPrintJob.PrintOut "C:\input.doc", "C:\output.pdf"

C# における使用例

Printer oPrinter = new Printer();
WordPrintJobEx oPrintJob = oPrinter.WordPrintJobEx;
oPrintJob.IncludeDocumentMarkups = true;
oPrintJob.RevisionMode = prnRevisionMode.PRN_BALLOON_REVISION;
oPrintJob.PrintOut(@"C:\input.doc", @"C:\output.pdf");