easyPDF SDK ローダーオブジェクトについて

easyPDF SDK ローダーオブジェクトとは?

easyPDF SDK ローダーオブジェクトはサーバー側環境上でeasyPDF SDK を有効にするための補助オブジェクトです。

easyPDF SDK が(直接または間接的に) サーバ環境内で使用される場合、easyPDF SDK に直接アクセスする代わりに、このオブジェクトを介してeasyPDF SDK へアクセスすることが必要となります。 ローダーオブジェクトは他ソフトウエア等でやらなければならない多くのサーバーサイドでのコンフィギュレーションを不要にします。

下記の方法の代わりに:

Set oPrinter = Server.CreateObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.PrintJob

このような方法をとります:

Set oLoader = Server.CreateObject("easyPDF.Loader.7")
Set oPrinter = oLoader.LoadObject("easyPDF.Printer.7")
Set oPrintJob = oPrinter.PrintJob


easyPDF SDK ローダーセットアップ

easyPDF SDK ローダーオブジェクトを使用する前に、下記の簡単なWindows サービス設定をおこなう必要があります。

easyPDF SDK ユーザーアカウントの作成と初期化:

  1. コンピュータにアドミニストレータとしてログオンし、easyPDF SDKを自動化するための新しいユーザーアカウントを作成します。下記の例ではeasyPDF7User となっています。 この新しいユーザーアカウントのパスワードを設定し、パスワードを変更する必要が無いようにNever expire を選択します。
  2. easyPDF7Userアカウントをアドミニストレータ(Administrators)グループに追加します。


    重要!

Windows サービス設定のコンフィギュレーションする:

  1. アドミニストレータとしてコンピュータにログオンします。
  2. コントロールパネルから、Administrative Tools を起動します。
  3. Administrative Tools からServices を起動します。



  4. BCL easyPDF SDK 7 ローダーを選択後、ダブルクリックをして、 BCL easyPDF SDK 7 Loader Properties ダイアログを開きます。

    備考: リスト上に該当のものが見当たらない場合、easyPDF SDKインストーラを再度実行し、修復をしてください。

  5. Log On タブをクリックし、This account を選択後、easyPDF7User用のユーザー名とパスワードをタイプします。



  6. OK をクリックし、プロパティダイアログボックスを閉じて、メインServices ウィンドウへ戻ります。
  7. BCL easyPDF SDK 7 ローダーを実行します。



  8. Services ウインドウを閉じます。 .

    EASYPDF SDKの再インストールまたはアップグレードをする際の重要事項!