easyPDF オブジェクトの使用

全てのBCL のCOM オブジェクト、は様々なプログラム環境からアクセスすることが可能です。このセクションではCOM オブジェクトとそれらへのアクセス方法の基本を紹介します。既にCOM オブジェクトの使用に関してご存知の場合、サンプルコードの章へスキップして実際の作業を開始してください。

Visual C# またはVisual Basic .NET 内でのCOM オブジェクト

この例はVisual C# またはVisual Basic.NET からCOM オブジェクトへのアクセス方法を紹介しています。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。クリック Project -> Add References、easyPDF SDK COM オブジェクトを選択します。:



  2. オブジェクトを作成、使用します。

    Visual C# コード:
     
    using BCL.easyPDF7.Interop.easyPDFPrinter;

    // ...

    Printer oPrinter = null;
    PrintJob oPrintJob = null;

    try
    {
        Type type = Type.GetTypeFromProgID("easyPDF.Printer.7");
        oPrinter = (Printer)Activator.CreateInstance(type);

        oPrintJob = oPrinter.PrintJob;
        oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName);
    }
    catch(System.Runtime.InteropServices.COMException err)
    {
        // ...
    }


  3. Visual Basic .NET コード:
     
    Imports BCL.easyPDF7.Interop.easyPDFPrinter

    ' ...

    Dim oPrinter As Printer = Nothing
    Dim oPrintJob As PrintJob = Nothing

    Try
        oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

        oPrintJob = oPrinter.PrintJob
        oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName)
    Catch ex As System.Runtime.InteropServices.COMException
        ' ...
    End Try


Visual Basic 内のCOM オブジェクト

この例はVisual Basic からCOM オブジェクトへのアクセス方法を紹介しています。

  1. 新しいプロジェクトを作成します。 クリック Project -> References、easyPDF SDK COM オブジェクトを選択します。:


  2. VB Code でオブジェクトを作成、使用します。:
     
    Sub Convert(inFileName As String, outFileName As String)

        Dim oPrinter As easyPDFPrinter.Printer
        Dim oPrintJob as easyPDFPrinter.PrintJob

        On Error GoTo Convert_Error

        Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

        Set oPrinjob = oPrinter.PrintJob
        Call oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName)

        Exit Sub

    Convert_Error:

        ' ...

    End Sub

Visual C++ 内のCOM オブジェクト

この例はVisual C++ からCOM オブジェクトへのアクセス方法を紹介しています。

  1. 新しいVisual C++ プロジェクトを作成します。
  2. BCL COM オブジェクトをインポートします。:
     
    #import "C:\Program Files\Common Files\BCL Technologies\easyPDF 7\bepprint.dll"  
  3. 現在のアパートメントで使用するためにCOM ライブラリを初期化します。:
     
    HRESULT hr = CoInitialize(NULL);
    if(FAILED(hr))
    {
        // failed.
        // ...
    }

  4. オブジェクトを作成、使用します。:
     
    easyPDFPrinter::IPrinterPtr pPrinter = NULL;
    easyPDFPrinter::IPrintJobPtr pPrintJob = NULL;

    try
    {
        pPrinter.CreateInstance(_T("easyPDF.Printer.7"));

        pPrintJob = pPrinter->GetPrintJob();
        pPrintJob->PrintOut(lpInFileName, lpOutFileName);
    }
    catch(_com_error &e)
    {
        // ...
    }

  5. 現在のアパートメント上でCOM ライブラリをクローズします。:
     
    // IMPORTANT:
    // Make sure to free all COM objects before calling
    // CoUninitialize(), or you'll get an exception.

    pPrinter = NULL;
    pPrintJob = NULL;

    CoUninitialize();

Windows スクリプティングホスト内のCOM オブジェクト

この例はWindows スクリプティングホストからCOM オブジェクトへのアクセス方法を紹介しています。

  1. 新しいWindows スクリプティングホストファイル(拡張子 ".wsf" )を作成します。
  2. オブジェクト作成、使用します。:
     
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes" ?>

    <package>
    <job id="demo">
    <?job error="true" debug="true" ?>

    <object id="PrinterSDK" progid="easyPDF.Printer.7" reference="true" />

    <script language="VBScript">
    <![CDATA[

        Set oPrinter = CreateObject("easyPDF.Printer.7")

        Set oPrinjob = oPrinter.PrintJob
        Call oPrintJob.PrintOut(inFileName, outFileName)

    ]]>
    </script>

    </job>
    </package>